上・下水道施設清掃

上水道施設清掃

河川から取水した水や地下水などを浄化・消毒し、上水道へ供給するための浄水場。
飲料水や洗濯、入浴、炊事あるいは物を作るのに必要な水を、ご家庭や企業・工場など、人々が生活・活動する場所に送るための水道管。
どちらも皆様の生活を支える上水道施設です。

サイクロン工法

流体の運動には二つの型があり、流体部分が、秩序正しく流れる場合を「層流」と言い、不規則に混合しながら流れる場合を「乱流」と言います。

サイクロン工法は、この「乱流」を利用した方法で、具体的には真空引きを行うポンプを装備する強力吸引車を使用し、洗管対象管内の圧力を大きな負圧状態にし、その負圧状態を維持しながら、空気と共に洗浄水を管内に供給し、この洗浄水を激しく分散させ、その液滴が管内面に衝突(乱流)することによって管内の洗浄を行う方法です。


  • 給水側

  • 管端部に給水ホース接続

  • 吸引側

  • 管端部に吸引ホース接続

  • フラッシング中

サイクロン工法は特許技術(特許第3134668号)です。
弊社は本工法の北海道地区施工代理店となっております。

池清掃

対象には、配水池、沈砂池、排水池、排泥池、濾過池等があります。

弊社では特殊回転ブラシを使用して、こびり付いたマンガン等をきれいに除去いたします。

また、堆積したスラッジ(汚泥)の清掃も行っております。


  • 清掃前

  • 清掃前

  • 土砂運搬状況

  • 土砂運搬状況

  • 清掃完了

  • 清掃後

弁室清掃

弁室は弁類を地中に埋設する場合に、弁の操作部分を格納する室のことで、管をふさぐ仕組みの仕切弁や遮断弁などの制水弁、水位や水圧調整のための制御弁があり、維持管理のための清掃を行っています。


  • 清掃前

  • 清掃中

  • 清掃後

幹線管清掃

弊社では、大口径の幹線管の清掃に自信のノウハウを持っております。

特殊な2Dノズルを使用し、管壁を損傷することなく、洗浄・清掃を行うことが可能です。

また、立て坑間が300m以上あっても管内に作業員を入れることなく作業を進められますので、安全・安心です。


  • 幹線管(モルタルライニング無)清掃前

  • 幹線管(モルタルライニング無)管内TVカメラ調査

  • 幹線管(モルタルライニング無)清掃中

  • 幹線管(モルタルライニング無)2Dノズル

  • 幹線管(モルタルライニング無)清掃後

下水道施設清掃

下水道管路内に堆積した土砂等は、流下能力を減少させ、悪臭や硫化水素等の有毒ガスを発生させる要因となります。
この土砂等の清掃を定期的かつ効率的に行うことが、下水道施設の維持管理さらに施設の延命に十分効果のある手法です。

高圧洗浄車清掃工

作業は、管径が800㎜未満が対象で、高圧洗浄車、強力吸引車及び給水車のセット作業で、高圧洗浄車より加圧された洗浄水を各種の洗浄ノズルから噴射させ、土砂等をマンホールに引き寄せ、吸引車で吸い上げる作業です。


  • 清掃前

  • 清掃状況

  • 清掃後

吸引車清掃工

作業は、管径が800㎜以上が対象で、高圧洗浄車、強力吸引車のセット作業で、作業員が管路内に入り、吸引車のホースの先端を操作して、堆積している土砂等を直接吸い上げる作業です。


  • 清掃前

  • 清掃状況

  • 清掃後